個人受注から量産製作までお受けします/木工製作の受付ネットショップ

 

 
TOP > たき火の缶詰


 価格  1缶=2,980円
(税込価格/送料別)

送料・代引き手数料加算金額参照

 
 こんなときに使えます!
1、たき火の缶詰を災害時の備蓄品として準備しておけば、電気やガスが一時ストップしたときに臨時の暖を取ることができます。
2、キャンプなどにもご利用できます。
 
 着火がかんたん!
たき火の缶詰の一斗缶に入っているバイオ薪燃料に着火すればどこでもかんたんに火を起こせます。

 燃焼時間2〜3時間!
バイオ薪燃料の燃やし方で大きく時間が異なりますが、1缶で平均2時間〜3時間程度もやせます。

 


 予備燃料追加で8〜10時間燃焼!
別売りでたき火の缶詰予備燃料を追加した場合、約7時間〜8時間燃焼します。

一斗缶と同じ容量のダンボールに梱包してあり、たき火の缶詰と一緒に備蓄しやすくなっています。

価格 1,050円/1箱(税込)

 


 燃焼時間2〜3時間!
お湯を沸してレトルト食品を温めたり、インスタントラーメンを作ることができます 。
缶のフタを利用できますが、できればバーベキュー用のアミを用意してください。
 
 非常時に役立つセット入り
缶の中には、非常時に使える鍋セットも入っています。

バイオのマキちゃん5s/鍋(蓋付)/
軍手1人分/火バサミ1ヶ/金網1ヶ(中敷用)/マッチ1ヶ


〜取り使い方法の詳細が確認できます。

⇒ 商品のご注文とお問合せはこちらから!  
   
〜FAXでのご注文はプリントしてお使い下さい。

■数量の多いご注文はこちらからどうぞ!⇒自治体や企業、消防団、自治防災関係者等の各種団体皆様へ
   
 たき火の缶詰の取り扱い注意事項
【準備・設置について】使用する前に必ず説明書をお読み下さい。/使用時の設置・点火から完全消化までは、必ず責任ある管理者を配置して下さい。(完全消化とは、火が消えて熱された缶が冷えきった状態です。)/子供だけで絶対使用しないで下さい。/作業内容に危険を感じる場合は、軍手等で保護をして下さい。/設置・点火前に可燃物との離隔距離、火災予防上の処置は十分かを必ず確認して下さい。/消火器・水の入った防火バケツなどを準備するなどの緊急消火できる予防対策を必ず講じて下さい。/室内では、絶対使用しないで下さい。/ガタツキが無く、安定設置を必ず行って下さい。 【点火・使用中について】点火時・使用中の火傷に十分に注意して下さい。/点火後の熱された一斗缶とその蓋に触れると火傷をします。触れる必要がある時は、火バサミなどの道具を必ず使用して下さい。また、責任者は第3者が触れないように監督して下さい。/高温になった缶の空気口の調整は、直接触れると火傷をします。火バサミを使用するなど安全対策を必ず講じて下さい。/点火時や使用中にバイオ薪燃料の入れすぎに注意して下さい。炎が大きくなり非常に危険です。/使用中に湯を沸したり、調理をする場合には、たき火の缶詰の転倒や鍋などの落下に細心の注意を払って下さい。【消化について】消化は、完全にバイオ薪燃料が燃え尽きて缶の熱が冷えきったことを必ず確認して下さい。/熱された缶や蓋に水をかけると変形します。また、熱された缶や蓋に水をかけると高温な水蒸気が発生して危険です。【保管について】多湿な場所や水に濡れるような場所は避けて下さい。/使用済みの缶は、完全に鎮火したことを確認して保管して下さい。
 
発売元:有限会社ライフフォーレスト
 
運営元案内  |  リンクについて  |  著作権  |  製作管理
Copyright(c) 2008 有限会社ライフフォーレスト  All rights reserved.